Gたかしの藤原竜也(カイジ)ものまねを夜会で本人が演じるのか?!

藤原竜也が主演を務めた大人気コミックの
実写映画「カイジ人生逆転ゲーム」は
2009年に公開されその人気の為

2011年に2作目となる映画
「カイジ 人生奪還ゲーム」が公開され

かなり人気の映画となった

その藤原竜也が演じた主人公のカイジの
ものまねをしたのがお笑い芸人の「Gたかし」

引用元:instagram

右目の下にあるホクロが特徴的で
一度見たら忘れられない顔をしているが
メイク無しでもどことなくカイジに似ている

そしてこのカイジを演じた藤原竜也のものまねをしている
Gたかしのモノマネを藤原竜也は良く思っていないようで

行列のできる法律相談所では
Gたかしと藤原竜也の間にヒヤッとした
冷たい空気が流れた場面もあったようだが

次回放送される「櫻井・有吉THE夜会」に
藤原竜也が登場するかと思えば

もしかしたらGたかしのカイジものまねを
藤原竜也本人が演じるかもしれないということで
かなり期待したいところだ

スポンサーリンク

芸人「Gたかし」

まずはGたかしのプロフィールを見てみよう

引用元:ツイッター

本名 :直井 崇
誕生日:1978年9月30日
年齢:38歳※2017年現在
出身地:茨城県筑西市
血液型:O型
身長:171cm
事務所 サンミュージックプロダクション

2005年から芸人として活動を始め
現在はGたかしという芸名だが

以前は「直井たかし」「グラップラーたかし」
という芸名で活動をしていたが
2010年のR−1グランプリをキッカケに

Gたかしに改名した

得意とするものまねは藤原竜也のカイジ以外にも
アントニオ猪木や藤岡弘などがあるが

個人的にも一般的にも藤原竜也演じる
カイジのモノマネが一番人気なようで
YouTubeの動画でもカイジのものまねは多い

そんな藤原竜也のカイジのモノマネをするGたかしが
一度、本人の前でものまねを披露したことがあった

それが行列のできる法律相談所だ

行列で藤原竜也にキレられる

藤原竜也のカイジものまねを
Gたかしが本人を前に演じた事があった

その時の藤原竜也の反応はというと
あまりよろしくないもので話題となったのだが
Gたかしがカイジのモノマネを披露すると

藤原竜也は「俺こんなふうに見えてるの?」と
どこか不満そうな表情を見せた

これはGたかしのものまねだけでなく
全てのモノマネに共通して言える事なのだが
本人を誇張するからこそ面白い

それに本人が不満を持つ事も少なくは無い

例外なくGたかしのカイジものまねも
藤原竜也の演技を誇張したものだ

そこに藤原竜也は不満を感じたのか
ものまね開始からしばらくすると
無表情でGたかしを見るようになり

Gたかしのカイジものまねが終了すると
「バカにはしてない?」と聞く藤原竜也

引用元:藤原竜也スタッフのツイッター

その後もGたかしのものまねは続くのだが

それを見る藤原竜也の表情は曇ったまま
無表情でGたかしのカイジを見るというものだった

最終的に感想を求められた藤原竜也は
ボソッと「素晴らしかったです」と言うものの
その声のトーンからそうは思えず

「キレてるやん!」とツッコまれていた

その後にGたかしが藤原竜也に
どうしても公認して欲しいと

カイジのモノマネの公認をもらおうとしたが
当然それを言われた藤原竜也は「黙認で・・・」と
カイジものまねの公認には至らなかった

スポンサーリンク



藤原竜也がカイジモノマネを披露!?

次回6月8日に放送される人気番組
「櫻井・有吉THE夜会」に藤原竜也が出演する

そしてその番組内でもしかしたら
Gたかしのカイジものまねを本人の
藤原竜也が演じることになるかもしれない

あれだけ否定的だったGたかしの演じる
カイジものまねを本人である藤原竜也が演じるとは

櫻井・有吉THE夜会で一体何が起こるのか?!

櫻井・有吉THE夜会でUFOを呼ぶ

実は藤原竜也が櫻井・有吉THE夜会に出演するのは
これで2回目の事となるのだが

その前回の放送時に藤原竜也は
ロケの中でUFOを呼ぶ事にチャレンジして
見事に失敗している

そのリベンジを今回の放送で行うのだが

藤原竜也がロケ中にUFOを呼べなかったら
Gたかしのカイジものまねを演じるという話になっていて

これは既にフラグが立っていると言っても良い

他にもカイジのものまねをする芸人はいるが
藤原竜也の演技を真似た芸人の中で唯一
本人を前にしてモノマネを披露し

結果、認定されなかったどころか
良く思われなかったGたかしが採用されたのか?

次回の6月8日の放送では
既に確定してると言っても過言ではない

Gたかしのカイジものまねを
本人である藤原竜也が本気で演じるのか
それとも嫌々演じるのかが見所になりそうだ